Kagyuko 蝸牛考 柳田国男著

IMG105_3044_1200.JPG

『蝸牛考』(かぎゅうこう)は、柳田國男の語学書。日本各地ではカタツムリをどのように言うのか方言を調査して方言周圏論を提唱した。1930年(昭和5年)、刀江書院から発行。また、1943年(昭和18年)に創元選書に収録、1980年(昭和55年)に岩波文庫にも収録された。
目次
言語の時代差と地方差
四つの事実
方言出現の遅速
デンデンムシの領域
童詞と新語発生
二種の蝸牛の唄
方言転訛の誘因
マイマイ領域
その種々なる複合形
蛞蝓と蝸牛
語感の推移
命名は興味から
上代人の誤謬
単純から複雑へ
語音分化
訛語と方言と
東北と西南と
都府生活と言語
物の名と知識
方言周圏論
蝸牛異名分布表

Wikipedia


蝸牛を表わす方言は、京都を中心としてデデムシ→マイマイ→カタツムリ→ツブリ→ナメクジのように日本列島を同心円状に分布する。
それはこの語が歴史的に同心円の外側から内側に向かって順次変化したからだ、と柳田国男(1875-1962)は推定した。すなわちわが国の言語地理学研究に一時期を画した方言周権論の提唱である。(解説=柴田武)





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント