テーマ:日蘭

Hofreis 1609 オランダ国王使節の参府

国王使節、駿府へ 1609年、オランダ国王使節が駿府城を居城とする大御所徳川家康を訪問し、通商許可朱印状を入手し、日蘭通商が始まった。 日蘭通商が成立するには、日蘭交流が始まった、リーフデ号の遭難(1600年)事件にまで話を戻さなければならない。和蘭船籍のリーフデ号は、悲惨な航海の末、豊後国臼杵の佐志生海岸(大分県)に漂着し、佐…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more