テーマ:用語

Hofreis naar Yedo カピタン江戸参府

「カピタン江戸参府」とは カピタン江戸参府@Wikipedia カピタン江戸参府(カピタンえどさんぷ、Hofreis naar Yedo)は、オランダ商館責任者である商館長=カピタンの、日蘭貿易「御礼」のための江戸への旅。「御礼参り」「拝礼」とも称される。 目次 1 概要 2 献上物・進物 3 江戸参府…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Intangible cultural heritage 「無形文化遺産」とは

無形文化遺産 無形文化遺産(むけいぶんかいさん、Intangible Cultural Heritage)は、ユネスコの事業の一つ。同じくユネスコの事業である世界遺産が建築物などの有形の文化財の保護と継承を目的としているのに対し、民族文化財、フォークロア、口承伝統などの無形のもの(無形文化財)を保護対象とすることを目指したもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Japan Heritage 「日本遺産」とは

日本遺産Wikipedia 日本遺産(にほんいさん、Japan Heritage)は、日本国政府が提唱した文化財を群体(点から面への展開)として捉え、従来の保護一辺倒から積極的に活用することに目的を転換した新しい施策。 経緯 当初、日本遺産は、世界遺産を目指す地域や文化財を対象に世界遺産に対応するための新制度と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

World Heritage Site 「世界遺産」とは

「世界遺産」とは ・世界遺産 ・世界遺産条約 ・世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約 世界遺産Wikipedia 世界遺産(せかいいさん)は、1972年のユネスコ総会で採択された「世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約」(世界遺産条約)に基づいて世界遺産リストに登録され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Jinjitsu 人日

人日 人日(じんじつ)とは、五節句の一つ。1月7日。七種粥を食べることから七草の節句ともいう。また、霊辰(れいしん)、元七(がんしち)、人勝節ともいう。 風習 古来中国では、正月の1日を鶏の日、2日を狗(犬)の日、3日を猪(豚)の日、4日を羊の日、5日を牛の日、6日を馬の日とし、それぞれの日にはその動物を殺さないように…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Sekku 節句

節句 節句(せっく)は、日本の暦の一つであり(「暦」も参照)、伝統的な年中行事を行う季節の節目(ふしめ)となる日。日本の文化・風習。節供(せっく)、古くは節日(せちにち)とも。 目次1 概要2 ことわざ3 脚注4 関連項目5 外部リンク 概要 この日には、日本の宮廷において節会と呼ばれる宴会が開かれた。年間にわた…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Nanakusa-no-Sekku 七草

七草 七草(ななくさ)は、人日の節句(1月7日)の朝に、7種の野菜が入った粥を食べる風習のこと。 元々の「七草」は秋の七草を指し、小正月1月15日のものは「七種」と書く。この七種も「ななくさ」と読み、一般には7日正月のものを七草と書くなど、現在では元々の意味がわからなくなり、風習だけが形式として残った。これらの事から…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more