テーマ:歴史

三浦按針命日

三浦 按針(ウィリアム・アダムス William Adams)は、1620年5月16日(元和6年4月24日)に平戸で死去した。55歳であった。 2018年は5月27日、平戸市で三浦按針忌が催される。 ウィリアム・アダムス ウィリアム・アダムス(William Adams, 1564年9月24日 -…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Hofreis 1609 オランダ国王使節の参府

国王使節、駿府へ 1609年、オランダ国王使節が駿府城を居城とする大御所徳川家康を訪問し、通商許可朱印状を入手し、日蘭通商が始まった。 日蘭通商が成立するには、日蘭交流が始まった、リーフデ号の遭難(1600年)事件にまで話を戻さなければならない。和蘭船籍のリーフデ号は、悲惨な航海の末、豊後国臼杵の佐志生海岸(大分県)に漂着し、佐…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Edo Gaesung 江戸開城

江戸開城 江戸開城(えどかいじょう)は、江戸時代末期(幕末)の慶応4年(1868年)3月から4月(旧暦)にかけて、明治新政府軍(東征大総督府)と旧幕府(徳川宗家)との間で行われた、江戸城の新政府への引き渡しおよびそれに至る一連の交渉過程をさす。江戸城明け渡し(えどじょうあけわたし)とも江戸無血開城(えどむけつかいじょう)ともい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Hofreis 1609 ニコラース・ポイクの駿府旅行 旅程

オランダ人の初の参府は慶長14年(1609年)の使節アブラハム・ファン・デン・ブルック(Abraham van den Broek)とニコラース・ポイク(Nicolaes Puijck)による駿府での徳川家康との謁見であった。 この謁見で御朱印状(通商許可証)を受領し、日蘭通商が開始された。 このとき、ニコラース・ポイクは旅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Encounter ポイクとリーフデ号生存者との出会い

オランダ人の初の参府は慶長14年(1609年)の使節アブラハム・ファン・デン・ブルック(Abraham van den Broek)とニコラース・ポイク(Nicolaes Puijck)による駿府での徳川家康との謁見であった。 ポイクは「駿府旅行記」を残したが、リーフデ号(De Liefde)生存者24名のうち、8名と出会ったこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Dai Nihon Shiryo 大日本史料

「大日本史料」は、歴史上の重要事件を調査する上で、非常に有効な史料である。 大日本史料 『大日本史料』は、歴史上の重要事件を「綱文」と称する事件の概要をあらわす文章で示し、その関連史料を列挙したものです。 史料にはその事件に関連して出された文書、事件を知る人が書き残した記録、系図や家譜、後世の著作や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東北地方太平洋沖地震から5年

東北地方太平洋沖地震から5年 震災から1827日 東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)で被災されたみなさまに対し 心からお見舞い申し上げます。 東北地方太平洋沖地震 東北地方太平洋沖地震(とうほくちほうたいへいようおきじしん)は、2011年(平成23年)3月11日に日本の太平洋三陸沖を震源として発生し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more