テーマ:平戸市

【転載】平戸の新鮮食材アピール 東京・三軒茶屋にアンテナ飲食店

東京で平戸産の鮮魚や加工品が味わえる、長崎県平戸市のアンテナ飲食店「長崎 平戸漁港」が11月5日、東京都世田谷区三軒茶屋にオープンしました。長崎新聞の紹介記事です。 平戸の新鮮食材アピール 東京・三軒茶屋にアンテナ飲食店 10/31(木) 11:00配信長崎新聞  長崎県平戸市の新鮮な食材を首都圏で提供する市のアン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三浦按針命日

三浦 按針(ウィリアム・アダムス William Adams)は、1620年5月16日(元和6年4月24日)に平戸で死去した。55歳であった。 2018年は5月27日、平戸市で三浦按針忌が催される。 ウィリアム・アダムス ウィリアム・アダムス(William Adams, 1564年9月24日 -…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

World Heritage Site 潜伏キリシタン関連遺産が世界文化遺産に登録へ

ユネスコ(国連教育科学文化機関)の世界文化遺産に「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」(長崎、熊本両県)が登録される見通しとなった。 構成資産として、平戸市では平戸の聖地と集落(春日集落と 安満岳、 中江ノ島)が含まれる。 長崎・天草、世界文化遺産に登録へ 潜伏キリシタン遺産 5/4(金) 1:38…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

activity report 「平戸二度咲きさくらの会」平成29年度の活動報告

ヒラドニドザキサクラは、平戸市内に現在、42本が確認されている。 「平戸二度咲きさくらの会」は設立から5年を経過した。同会は着実に活動を行っているが、 平成29年度の活動報告があった。 活動報告(平成29年度) 抜粋 1.現状の調査・確認 2.会員募集のための宣伝 3.育成地の改良・移植 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Boogschutter van Hirado 平戸からの射手

Boogschutter van Hirado(Archer from Hirado) 平戸からの射手 結果ではなく、清らかな心、美しい心を保つことが重要なのです 弓の練習によって真実を探求していく それによって人は磨かれていくのです 日々の練習を怠ることなく重ねていくことが重要なのです …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ふるさと納税

ふるさと納税 テレビなどでは、ふるさと納税の「お礼の品」ばかりが注目され、「お得」であることばかりが強調されています。 「ふるさと納税」は年度末の確定申告で、2,000円の基礎控除のみで税金が戻る。 私は持ち前の反骨精神もあり、当初から考えていたのだが、確定申告をしなかった。 ふるさとへの支援金であるが、現住地の税の減収…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Santoka Taneda 種田山頭火 平戸入りの下り 行乞記

行乞記  三月三十一日  四月一日  四月二日  四月三日  四月四日 種田山頭火の平戸入りの下り、1932(昭和7)年3月31日~4月4日の日記です。 行乞記 (二) 種田山頭火  三月三十一日 晴、行程八里、平戸町、木村屋(三十・中) 早く出発する、歩々好風景だ、山に山、水に水である、短汀曲浦、炭…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

Santoka Taneda 種田山頭火 平戸入りの下り 行乞記 四月四日

行乞記  三月三十一日  四月一日  四月二日  四月三日  四月四日 種田山頭火の平戸入り五日目、1932(昭和7)年4月4日の日記です。平戸から御厨へ 行乞記 (二) 種田山頭火  四月四日 雨、曇、晴、行程三里、御厨、とうふや(三〇・中) ぽつり/\歩いてきた、腹がしく/\痛むのである、それでも三…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

Santoka Taneda 種田山頭火 平戸入りの下り 行乞記 四月三日

行乞記  三月三十一日  四月一日  四月二日  四月三日  四月四日 種田山頭火の平戸入り四日目、1932(昭和7)年4月3日の日記です。 行乞記 (二) 種田山頭火  四月三日 雨かと心配したが晴、しかし腹工合はよくない。 寝てばかりもゐられないので三時間ばかり町を行乞する、行乞相は満点に近かつた…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

Santoka Taneda 種田山頭火 平戸入りの下り 行乞記 四月二日

行乞記  三月三十一日  四月一日  四月二日  四月三日  四月四日 種田山頭火の平戸入り三日目、1932(昭和7)年4月2日の日記です。 行乞記 (二) 種田山頭火  四月二日 晴、また腹痛と下痢だ、終日臥床。 緑平老の手紙は春風春水一時到の感があつた、まことに持つべきものは友、心の友である。…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

Santoka Taneda 種田山頭火 平戸入りの下り 行乞記 四月一日

行乞記  三月三十一日  四月一日  四月二日  四月三日  四月四日 種田山頭火の平戸入り二日目、1932(昭和7)年4月1日の日記です。 行乞記 (二) 種田山頭火  四月一日 晴、まつたく春、滞在、よい宿だと思ふ。 生活を一新せよ、いや、生活気分を一新せよ。 朝、大きな蚤がとんできた、逃げて…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

Santoka Taneda 種田山頭火 平戸入りの下り 行乞記 三月三十一日

行乞記  三月三十一日  四月一日  四月二日  四月三日  四月四日 種田山頭火の平戸入りの下り、1932(昭和7)年3月31日の日記です。 行乞記 (二) 種田山頭火  三月三十一日 晴、行程八里、平戸町、木村屋(三十・中) 早く出発する、歩々好風景だ、山に山、水に水である、短汀曲浦、炭車頻々だ。…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

Hirado Kentei 平成26年度平戸検定上級合格者認定証授与式 [転載]

【ニュース】『平成26年度平戸検定上級合格者認定証授与式』  本日午後、市役所会議室にて2月15日に開催された「平戸検定」上級合格者の認定証授与式が行われました。  「平戸検定」は平戸の奥深い歴史や文化、豊かな自然等を多くの市民に知ってもらうと共に、平戸学をもとにした地域づくり、そして地域住民のみなさんが、来…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Tabira Church 長崎の教会群とキリスト教関連遺産 田平天主堂

「【長崎の教会群とキリスト教関連遺産】国内推薦内定!」について 本年1月、日本政府は『長崎の教会群とキリスト教関連遺産』の国内推薦を正式に決定し、 ユネスコ世界遺産センターへ推薦書を提出しました。 今後の予定H27年夏~秋イコモスによる現地調査H28年4月末~5月初旬イコモスによる評価結果の勧告H28年6月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Hira 平戸の古名2 庇羅

長崎県の平戸の地名は、古文書では、初めて『肥前国風土記』で「志式島」として見える。 次に、『和名類聚抄』で「庇羅」として見える。 『和名類聚抄』は、平安時代中期に作られた辞書で、承平年間(931年 - 938年)、源順が編纂した。 『和名類聚抄』(写)で、「庇羅」を確認した。 2015年1月15日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Shishikishima 平戸の古名 志式島

長崎県の平戸の地名は、古文書では、初めて『肥前国風土記』で「志式島」として見える。 『肥前国風土記』の成立年代は、天平4年(732年)~同12年(740年)が有力とされている。 『肥前国風土記』(写)で、志式島を確認した。 2015年1月15日 国立国会図書館蔵書国立国会図書館デジ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

Hazashi odori 勇魚取絵詞 羽指踊図

勇魚取絵詞 羽指踊図 この絵は益冨家が所蔵する「勇魚取絵詞(いさなとりえことば)」中の一枚で鯨を仕留めたあとの宴の図です。「鯨一頭で七浦潤う」と言われた時代です…さぞかし盛り上がったことでしょう。いにしえより漁業によって栄えてきたこの島の生命線です…本年も安全で大漁が叶いますよう心より祈っています。 捕鯨のシーズ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平戸ふるさと納税10億円を突破

ふるさと納税は 10億(とおく)にありて思ふもの そして叶えて使ふもの 長崎 平戸 平戸ふるさと納税10億円 長崎新聞 県内トピックス (2014年12月23日更新) http://www.nagasaki-np.co.jp/news/kennaitopix/2014/12/23091341016052.shtm…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Hirado Dutch Trading Post オランダ国王王妃両陛下に平戸オランダ商館を紹介

レムコー(Remco Vrolijk)さんは、オランダ国王王妃両陛下来日の際、両陛下に平戸オランダ商館について、 商館の復元、現在商館で行なわれている交流事業や国際ネットワーク構築活動などを紹介されました。 English below / 次のアドベンチャーの為に上京してい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

bridge of dream 夢の大橋

夢の大橋 大橋を渡ると そこは夢の島 平戸 Remco Vrolijk 2010年5月10日撮影 関連 夢の大橋 著作権 Remco Vrolijk 転載許可を頂いています
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

recruiting members 平戸二度咲きさくらの会員募集中

平戸二度咲きさくらの会員募集中 平戸二度咲きさくらの会員として、ご一緒に活動しませんか? 絶滅させないよう、守り育てていきましょう! 2014年10月2日 関連 Hirado heritage 平戸遺産 平戸の桜 http://japancandn.at.webry.info/2…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ありがとう! Remco Vrolijk

ありがとう!(English below) 7年前に新しい仕事を始まるために平戸に来た。誰も知らない、何も知らない世界に入ったが、同じような経験がもう既に何回あったからなんとも思わなかった。 今日はその仕事の最後日になりました。7年間もこの仕事を凄く楽しくやってきました。色々な得るものもあったし:新しい経験、新しい趣…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

Leaflet 平戸二度咲きさくらのパンフレット

平戸二度咲きさくらのパンフレットができあがり、会員に配布されましたのでご紹介致します。 知る・見る・守る平戸二度咲きさくらヒラドニドザキサクラ 内容:平戸二度咲きさくらの特徴、歴史、分布 平成26(2014)年5月 邑上益朗 記 発行:平戸二度咲きさくらの会 パンフレット …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Kurokojima Island 黒子島

黒子島 長崎県平戸市 photo by Yusuke Morikawa 黒子島は、平戸瀬戸に浮かぶ小島で、平戸港から間近に見える。 photo by Yusuke Morikawa 平戸瀬戸に浮かぶ約3ヘクタールの小島である。古くから弁財天が祀られている。原始性が高いこの島は、国の天然記…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Tabira church 田平天主堂

田平天主堂 国指定重要文化財、鉄川与助が手掛けた赤レンガの天主堂です。 撮影 森川祐輔 2014年5月6日 田平天主堂@平戸観光協会 大正4年から3年の歳月をかけて、信者達…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Hirado Sakura 平戸二度咲きさくらを護り、育てる歌 『平戸さくら』

平戸さくら  長崎県平戸市在住の声楽家「松口ようこ」さんは、音楽を通して歴史と観光の街《平戸》へ貢献しよう……と平戸二度咲きさくらの歌を創り、全国各地で演奏活動をしながら、自ら「平戸二度咲きさくらの会」を設立し、活動を行っておられます。  先ずは地元の理解から……と4月17日、平戸文化センターにてコンサートを開催、収益金…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Fusion of history and music 平戸の文化 歴史と音楽との融合

黒田平戸市長は、ブログ「黒田成彦のつぶやき」で「平戸の歴史と音楽との融合」と題して、平戸の文化のうち、音楽にスポットをあてて述べられている。 平戸の歴史と音楽との融合@黒田成彦のつぶやき http://naruhiko.blog.jp/archives/2014-04-23.html 黒田成彦のつぶやき 20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Hirado's Culture 国の重要無形民俗文化財「平戸神楽」と「平戸のジャンガラ」

長崎県平戸市には、二つの国指定重要無形民俗文化財がある。 平戸神楽  平戸神楽の由来は、元亀年間(1570~1573)に松浦氏の領地となった壱岐の神職が、平戸の松浦氏の居城をおとずれ、壱岐の御竈祭の神楽を舞い、その後に平戸の神職も加わって神楽が行われるようになったといわれています。    現在の平戸神楽の基礎…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more